スポンサーサイト

2015.05.27 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    巾売り革の売り方が変わりました

    2014.07.08 Tuesday

    0
      昨日は七夕でしたね


      七夕というと、短冊なのでしょうが、

      最後に短冊を書いたのはいつなのか、、、、

      というかたも僕同様に多いのではないでしょうか。


      七夕にはあんまり詳しくないのですが、(←詳しい人ってどんな人?)

      wikipediaで調べてみると、いろいろと難しそうな話が長々と載っていて、

      あまり読む気になりませんでした。


      誰もが知ってるざっくりした話だと


      出会ってから意気投合⇒結構⇒仕事そっちのけでラブラブ

      という感じで、

      働かなくなったことで天帝君が怒っちゃって、

      もう君ら別居ね、ってことにしたと。


      でもさすがにかわいそうだから、年に1回だけは会わしてあげる

      というのが7月7日、という話ですよね。


      まずこの話、ところどころ大きく違和感感じますよね。


      1つ、天帝怒りのペナルティ重過ぎだってば

      今まで仕事をがんばってきた二人が、

      運命の人と出会って、結婚ってなれば

      そりゃ、新婚当初は仕事なんて上の空にもなるでしょーに。


      それをいきなり、永久に離別とか


      携帯買ってもらった小学生がうれしくって、

      ついつい授業中も使っていたら、

      先生激怒して、

      お前は一生携帯使用禁止、ただし年に1度だけは使っていいよ

      的なレベルでしょうに。


      天帝はイエローカードを持っていなかったんでしょうか。


      2つ、年に1回しか会えないとか、お互いそれで本当に続いたんだろうか、、

      だって、年に1日だけですよ?残りの364日は働き続けて?


      もう理不尽以外の何物でもないですよねこれ。

      ましてスカイプもない時代、364日相手が何してるかわかんないのに、続くもんなんでしょうか


      自分だったらこの状況、どんだけ愛した人相手だとしても、成り立つと思います?



      ってことを考えていたら、

      織姫と彦星って夏の大三角の2つなんだってことを思い出して、

      それぞれベガとアルタイルなんだけど、

      夏の大三角もう一つが

      はくちょう座のデネブ


      このデネブ君(ちゃん?)は誰なんでしょう?ググってもよくわかりませんでした。


      でも仮にデネブ君だとしたら、

      もしかして夏の大三角って、織姫を彦星とデネブで取り合う三角関係的な話なのでは?

      なんて想像が膨らみますよね。



      今日はなんか、まとまりのない話が続いたので、ここら辺でしめましょう。


      天帝が実は織姫にお熱だったと考えると、行き過ぎたペナルティもわからんでもないなぁ、、